詩的

千草湊のブログ

2015年01月

ことば48





あなたみたいに笑えたらって
思うぼくはいつも泣き笑いで
だけど
あなたのことを
想うぼくはいつも幸せ





 

ことば47





きみのあしあとをたどって
角を曲がったらきみがいて
あら
こんな近くにいたのねと
微笑み合って一緒に
歩き出すふたたび
きみの口にはまたたび




音楽と詩の世界コンサート、無事終了いたしました!

ご来場いただきましたたくさんの方に心から御礼申し上げます。

下の写真は開演前の静かなロビー。
プルチネッラさんはリハーサルに借り出されていて不在。
ロビーmini
なんとなんとお花もいただいてしまいました!
感謝感激です。><

小学生の頃から舞台には何度も乗っておりますが、
フリートークはさすがにしたことがなかった…滑舌わるくてすみません!


長い間打ち合わせや準備、稽古を重ねて、1月4日に本番を迎えた今回の舞台。
それはもうびっくりするくらいあっっという間に終わってしまいました。
本当に笑っちゃうくらいで、終わった今もあまり終わったという実感がありません。
それでもやっとこれでわたしの中で新年のスタートです。

このコンサートに参加させていただいて、とても多くのことを学びました。
そしてまだまだ自分の中で足りないものや、求めているのに手を伸ばしていないものがあることに改めて気づかされました。
知らなかった自分のことを知ったり、知っていた自分のことをまた思い知らされたり。
ただでさえ去年、とくにイギリスから帰ってきてからいろいろ学びの時期だなーと思っていたところもあって。

今年はそういったものを自ら手を伸ばして取りにいって、自分のパズルのピースをひとつひとつ埋めていきたいなと強く思ったしだいです。
そのためにまず掃除から。(今期二度目。笑)


タイミングよくBGMがMatilda The MusicalのWhen I Grow Up!
(この曲大好きなんです。春のめざめのボーイズ&ガールズが幼少期だった頃をなんだか思い出すのです。)
わたくしも年齢だけは立派に大人ですが、まだまだ成長期。
たぶん人はずっと成長しつづけていくんでしょうね。

よりよい自分へと進め



こんなわたくしですが、今年もよろしくお願いいたします。



コンサートのおしらせ!


音楽と詩の世界 プルチネッラをさがして

【日時】
2015年01月04日(日) 14:00

【場所】
杉並公会堂 小ホール

【チケット料金 】
前売り:大人3,000円
    中学生以下2,000円
当 日 :大人3,500円
    中学生以下2,500円

チケットはこちらまで
 

チラシ表チラシ裏


バイオリニスト荒井絵梨さんとコラボしたコンサートです。

わたしはプルチネッラのおはなしと、詩についての一編のことばを書きました。
その朗読を景さん(メイン)とわたし(サブ)でやります!

プルチネッラというのはイタリアの伝統的な風刺劇の中に出てくるキャラクターで、道化師の一人です。
今回は音楽的にその歴史を追いながら、音楽と詩の世界にもみなさまをご招待いたします。
イタリアからマルコ・グリサンティさんを迎えての演奏は、必聴というかわたしがすごく楽しみ。笑

新春早々ですが、是非みなさまご家族やお友達をお誘いの上いらしてください!



以下ひとりごと。
音楽と詩の世界を扱うコーナー(?)では瀧口修造の詩が出てきますよ!
瀧口修造といえば(わたしの好きな)シュルレアリスムですね!(知らないよ!)
よくわからないシュルレアリスム(日本語で書くと超現実主義)、その不思議な世界を覗くには絶好のチャンス!
年が明けてすっきりとした脳内でイメージ力をつけてってください!^^

「イメージが新しいとき、世界は新しい。」(バシュラール)



あと二日!とイギリス本について

ごぶさたしてます。
ただでさえ師走というのに、それにプラスしてコンサート準備やらでバッタバタしておりました。
そんな中さらっと2015年に…。笑

旧年中はたくさんの方との出会いがあり、またお世話になりました。
ざっと振り返ってもキラキラの、宝物としか言いようのない一年でした。
今年も引き続きキラッキラで充実した一年にしていきたいと思ってます。
こんなわたくしですが、変わらずよろしくお願いいたします。


そして年明け早々に本番です!
ここまで打ち合わせやリハーサルを重ねて参りましたが、素敵な演奏と朗読、皆さんに楽しんでいただけるコンサートになるといいなぁ!
いろいろな方の協力にも本当に感謝です。
自分の書いたものが舞台上で読まれるのは初めてのことなので、正直リハーサルではちょっと感動してしまいました。
プルチネッラのおはなしはわたしも読むので、景さんの足を引っ張らないようにドキドキです!


そしてツイッターでは呟いておったのですが、イギリスで撮った写真にことばをつけたミニブック、通称イギリス本ができあがりました!

イギリス本

(予想以上に緑になったよ…笑)
1/4コンサート当日ロビーで販売させていただきますので、ご興味のある方はお手にお取りください。
一冊1500円になります。(少数部数発行のため割高で申し訳ありません><)
また過去のシチリア本、ベルギー本も販売いたします。

イギリスは滞在期間が約4ヶ月と、これまでの国のように滞在期間が短くないので写真の枚数が半端なく、一冊にまとめるのはさすがに無理でした。^^;
なのでイギリス本第二弾も作りますよー!

今年はもっと自分のやりたいことに専念できるよう、環境を整えていこうと思っています。
まずはお掃除から!笑


それでは日曜日、杉並公会堂小ホールでお待ちしております!


過去に出版した書籍
ギャラリー
  • お香
  • 新年明けました。
  • 赤坂蚤の市とサロンコンサート
  • 赤坂蚤の市とサロンコンサート
  • 赤坂蚤の市とサロンコンサート
  • bucca展
  • bucca展
  • bucca展
  • bucca展
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ