心ごととらわれているようなものや
自分のもっているすべてを
中空にさしだして、
それが誰かのためになるのなら
それ以上に幸せなことなどないと
思ってしまえるのだった。
ぼくの魂はそこにある
そう思えてしまうのだった。