ましろなこころで近づいて
貴方のちかくにいたならば
ましろは色を持ちはじめ
貴方のそばをはなれない


わたしはここのつ数をかぞえて
とおと言ったらふりむいて
尊い貴方の声を聴く
わたしのこころのその耳は
いつしか色に染まってる
慈しみかな
慈しみかな


ましろのこころのその瞳に
うつる貴方のこもれびの色
わたしの彼方にひかりを届けて
うつる貴方のともしびの色