きみのあしあとをたどって
角を曲がったらきみがいて
あら
こんな近くにいたのねと
微笑み合って一緒に
歩き出すふたたび
きみの口にはまたたび