こんにちは。
ビジュフルール・フェスタ、9日で無事に終了いたしました。
来ていただいた方々、本当にどうもありがとうございました!
今日で完全撤収です。

昨日は久々に休日を満喫し、bucca展と現代能楽集「道玄坂綺譚」という舞台を観て参りました。


【bucca展】

buccaというのはブックカバーを語源とした造語だそう。
本の内容やイメージが形となって外側に表れておりました!

中でも個人的に目に付いたものをいくつか。(写真の許可はいただいてます。)


image

『かもめのジョナサン』
飛行機帽をイメージしたもの。
読むぞって手にした途端、気分上がりそうですね!


image

これ、たしかにカバーされてるけど読めないよ、というものも。笑


image

アンデルセンの『人魚姫』
鱗の色合いがとてもきれいでした。


image

中世の鎧と日本の甲冑図鑑
ただカッコいい!


image

「読書の友」というタイトルで、むずかしい本を読むときのお供にチョコレート!という発想が新しくて、つい笑ってしまった。


image

これけっこうお気に入りです。
中身(物理的な意味と本の内容という意味でも)気になりますし、ザクザクするの楽しそう。


皆さん本当にいろんなイメージから本をカバーしていて、本のある空間てこういうのもおもしろいなぁと思いました。

本の内容は知らないけど、カバーや製作者の意図を知ったら読みたくなるものもたくさんあって、わくわくしました!



ところで、こんなアナログな切符を手にする機会がありましたのでパシャリ。

image

ま、ただ単に精算間違えしただけなんですけど(笑)、こういう切符がまだ存在してたんだぁとなんかテンション上がってしまいました。
所詮アナログ人間です。



「道玄坂綺譚」についてはまた後日!